四ツ谷研究会40期会長 福嶋南美

 

 皆さま、日本模擬国連四ツ谷研究会のホームページへようこそおいでくださいました!四ツ谷研究会40期会長を務めております、上智大学外国語学部英語学科2年、福嶋南美と申します。

 四ツ谷研究会(通称:よつけん)は日本人として初めて国連難民高等弁務官を務められ、上智大学名誉教授でもあられた故緒方貞子氏のもとで発足した、今年で41年目を迎える歴史ある研究会です。上智大学を中心に、国際基督教大学、津田塾大学、法政大学、明治大学、明治学院大学、立教大学、獨協大学などの学生で構成されており、主に毎週木曜日に活動しております。

 さて、私たちの行っている模擬国連は「知の総合格闘技」と言われ、一会議を模擬するにあたり必要とされる力は多岐にわたります。議題・担当国を正確に理解するためのリサーチ力、会議を自国の有利な状態で進めるための戦略・論理的思考力、そして他国大使との交渉において必須となる交渉力など、ここには列挙しきれないほどです。模擬国連が私たちに提供する能力や技術が豊富である故、研究会員が模擬国連に求めるものもまた広範にわたります。リサーチを通して国際問題について学びたいという人もいれば、模擬国連独特のゲーム性に惹かれる人、そして模擬国連というコミュニティが好きという人など、模擬国連をする目的は百人百様と言えます。そんな多様な人々が共存できるコミュニティであることが、模擬国連の魅力の一つだと言えるでしょう。

 また、四ツ谷研究会では会議に加え、豊富な企画活動も行っています。例年、夏には海企画と称して海に行ったり、冬にはスキーをしたり温泉に行ったりと研究会員同士の交流も充実しています。普段は真剣に会議に向き合い学びの多いよつけんですが、こういったサークル要素を楽しめる一面もあり、いわばメリハリのあるサークルであると考えています。四ツ谷研究会の長所は、ダイバーシティに寛容なところです。上記の会議や企画も強制的に参加させられることはありませんし、自由に羽を伸ばしながら活動できます。個々人にあった方法で模擬国連を楽しめるのも四ツ谷研究会の魅力の一つです。

 貴方もよつけんという小さな国際社会で、多種多様な人と関わりながら世界と渡り合える力を磨き上げていきませんか?よつけんに、そして模擬国連に少しでも興味を持ってくださった方も、大学生活を通して何かに挑戦したいという方も、ぜひお気軽にお声掛けください!きっと素敵な出会いが待っていると思います。四ツ谷研究会一同、心よりお待ちしています。

日本模擬国連四ツ谷研究会 上智大学外国語学部英語学科2年 40期会長 福嶋南美